長江惣吉のwikiや嫁(妻)と学歴(経歴)に年齢と父親も(クレイジー)

社長




クレイジージャーニーに陶芸家である長江惣吉さんが取り上げられます。

 

長江惣吉さんといえば陶芸家であり曜変天目茶碗の再現と研究に取り組んでおられることで知られていますがwikiなどがないためプロフィールや経歴について調べていきたいと思います。

 

また家族(嫁・妻・子供)についてもあまり情報が記載されていないので見ていきたいと思います。

 

お父さんの研究を引き継いでおられるということなのでお父さんがどういう方なのかについても気になる部分ではあるのではないでしょうか。

 

今回は長江惣吉さんの経歴やプロフィ―ル、家族などのプライベートな部分や、お父さん(父親)などについてみていきたいという風に思います。

 

では早速

 

スポンサードリンク

長江惣吉の経歴やwiki風プロフィール

生年月日:1963年

出身地:愛知県

 

瀬戸窯業高校の陶芸家卒業されているということで中学卒業時点では陶芸家の道にすすむということが決まっていたのではないかということがいえるでしょう。

 

というのも長江惣吉さんは 江戸時代から窯業(ようぎょう)原料商、窯元と続くような家に生まれた9代目なんですね、ですから陶芸の道に進むこと自体当たり前ということになってもおかしくはないでしょう。

 

曜変天目茶碗に取り組み始めたのは8代目である父親からということになっていますのでこのことから受け継いだということがいえるでしょう、さらに研究を重ね、展覧会をするほどということもささやかれています。

 

大学は大阪の大阪芸大に進んでいますが中退したということが言われてますね、このことから家業である染付磁気の窯屋にはいったということになるということでしょう。

 

いまでは22年に及ぶ研究の成果ということでその技法は確立しつつあるといっても過言ではないと思われる創作された世界観というのはその独自性から注目があつまっているということがいえるでしょう。

 

ですがこれに関しては戦後、8代目である父親が無くなってから受け継がれさらに研究を重ねられたということになります。

 

2013年には個展をひらくほどですからその注目度と曜変天目茶碗の美しさというのは非常にすごいものであるということがいえるでしょう。

スポンサードリンク

長江惣吉の妻(嫁)・家族について

初めて曜変が作られたという中国福建省の建窯の現地に行かれたときにはそこで手にした陶片に曜変につながるものを感じたということがあったということだそうです。

 

そのごなんと28回も足を運んだほど研究に研究をかさね「同じ土で作らなければ再現はできないし、意味もない」という考えのもとなんと80トンもの原料も輸入したりもしたことでも非常に研究熱心ということが言える長江惣吉さんですが家族についてはどうなのでしょうか。

 

長江惣吉さんの家族などについてはあまり公開されていないということになります、ですが年齢からしても結婚されていてもおかしくはありませんから、今後10代目に引き継がれるというような話も出てくるのかもしれません。

 

ですがこのことに関しては現在詳しい情報というのはあきらかになっていないようなので今後に注目ということになるでしょう。

 

クレイジージャーニーにてもしかすると番組内で多少なりともあきらかになってくるかもしれません、また情報があれば見ていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

長江惣吉の父親について

長江惣吉さんは父親の影響があり曜変天目茶碗の研究というものに取り組むことになったのですが、ご本人は当初はそのように思っていなかったということですね。

 

先代のお父さんというのは曜変天目にのめりこんで一生を終えたということだったそうです、それだけ魅力的な焼き物なのだということが言えるでしょう。

 

やはり非常に作るのは技術など含めておそらく難しいものなのだということが言えます、2万焼いてできるのは4・5個というようなこともささやかれているほどですから。

 

2万のうち4・5個ですから成功率は1%以下というこになります、さらに説明書や解説書などがあるわけでもなく手探りでの研究。

 

現場主義である長江惣吉さんだからこそここまで注目されるほどの作品になってきているということがいえるでしょう。

 

お父さんに関して細かい記述などは残されていませんが長江惣吉さんがすべてを物語っているということになるのではないでしょうか。

 

お父さんの研究を引き継いでいるわけですから、人柄、考え方などに関しても近しいものがあるのではないかということが考えられますね。

 

一つのものに命をかける、そんな方であったのではないかということが推測できます。

スポンサードリンク

まとめ

鑑定団に物言い付けた陶芸家ということでも注目されていますが、非常に研究熱心であるということが言えるでしょう。

 

曜変天目というとその模様が非常に特徴的ですが、相当な年月が経っても先ほど焼いたかのような美しさがあるということを言われていました。

 

ですが長江惣吉さんは曜変天目の模様に関しても研究の末その化学反応に関しても結論を得ているほどということですね、この結論に関しても父親の研究で目に付けられた部分というのをさらに深堀して得られた結論ということなので、やはり人間的な考え方についても受け継いでいるということがいえるでしょう。

 

以前は父親のように曜変天目にのめり込むことはないとおもっていたということですが、いま現在に関しては長江惣吉さんのほうがこの研究にのめり込んでいるということがいえるでしょう。

 

現在9代目ということで、江戸時代からの窯業を営んでおられるということでその歴史に関してもとても長く、さまざまな事があったのだろうということが考えられます。

 

今後は10代目などもあるのかなど非常に気になる部分ではあります、江戸時代から続いているような部分というのは歴史的にもずっとあり続けてほしいなということもおもわれるのではないでしょうか。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

関連記事は下にスクロール!

コメント