陳建一の病気や嫁(妻)と現在に息子について年収(収入)は(ナカイの窓)

料理人




ナカイの窓に陳建一さんが出演されます。

 

陳建一さんといえば中華料理の料理人として非常に有名ではないでしょうか。

 

陳建一さんの病気の話がしばし話題に上がりますが、どのようなものだったのでしょう。

 

また陳建一さんの嫁(妻)についても気になる部分ではあるといえます。

 

そして様々なお仕事をこなされていることからその年収(収入)というのも調べてみました。

 

息子さんに関しても料理人ということで、非常に注目度が高いのではないでしょうか。

 

今回は陳建一さんについて経歴やプロフィールの情報や気になった部分を独自に見ていきたいと思います。

 

では早速。

 

スポンサードリンク

陳建一の経歴やプロフィール、病気について

名前:陳 建一(ちん けんいち)

本名:東 建一(あずま けんいち)

生年月日:1956年1月5日

職業:料理人(中華(四川)料理)

調理師・料理研究家

 

東京都生まれという陳健一さんですが、ご両親に関しての情報があります。

 

お父さんというのは四川料理の第一人者と呼び声高い陳建民さんということが知られていますね。

 

やはり陳健一さんは息子さんということで一文字違いということですね。

 

お母さんに関しては日本人の方ということがいわれているようです。

 

出身校に関しては小・中・高一貫教育で知られる「東京中華学校」を卒業されているようです、まさに中華の英才教育ということになるでしょうか。

 

大学に関しては私立大学である「玉川大学」にすすまれたということになっていますね。

 

英米文学科を専攻されていたようです。

 

卒業後に関してはお父さんがオーナーを務めていたといわれる「四川飯店」にて修業の道に進まれたようで、ここからが陳健一さんの料理人生の始まりということになるのかもしれませんね。

 

そのごどうやらお父さんである建民さんがお亡くなりになられたようです、このお父様が亡くなられたことに伴って陳健一さんが四川飯店のオーナーに就任されたということが言われています、これが1990年という年になるそうです。

 

そのご93年になると様々な方の記憶に新しい「料理の鉄人」というテレビ番組にレギュラー出演するなどメディアへの露出が増えた事から一気にその名を知らしめたということが言えるでしょう。

 

93年から6年間という長い期間においてレギュラー出演されていたことから、非常に有名な料理人という座に上り詰めたということが言えます。

 

現在、四川飯店というのは一大企業に発展し、様々な地域で店舗展開することとなっていますね。

 

会長就任の話ということも話題になっていますが、どのようなものかというと「日本中国料理協会」というものの会長になっていますね。

 

県内外問わずその幅は広く、東京は赤坂、六本木、池袋が知られていますし、四国に関しては、徳島、愛媛県松山市、福岡に関しては博多などでの出店がしられています。

 

現在は、経営の第一線は退き、後進の指導をメインとした活動をおこなっているということです。

 

これは病気の療養というものを重視されているということがささやかれていますので、無理はなさらないようにしていただきたいと思いますね。

 

また病気の病名などは現在記載がないことから、今後明らかになってくるでしょう。

 

その他の活動では様々なメディア出演ということが知られています。

陳建一の嫁(妻)について

陳建一さんは息子さんである「陳建太朗さん」がおられることから、もちろん結婚はされているはずですが、奥様の情報に関しては一切公開されていないということがいえるでしょう。

 

ですが、陳建一という超がつくほどの有名な料理人を夫として添い遂げるという方ですからとてもきれいなかたなのかもしれませんね。

 

これはほとんどが推測にはなりますが、陳建一さんは病気をお持ちということがささやかれていますから、もしかすると大変なことも多いかもしれません。

 

スポンサードリンク

陳建一の息子について

現在、経営の第一線に関しては病気の療養を重点を置くためとされていますが、息子である陳建太朗さんがその座を受け継いでおられるということです。

 

息子さんである陳建太朗さんは、現在、赤坂四川飯店のオーナーシェフということで活躍されているということです。

 

また、メディア出演などもされていることから非常に注目度が高い料理人であることがうかがえます。

 

また料理イベントなどにも参加されているという情報も入ってきていることから、行動的に料理というものに取り組んでおられるということが言えるでしょう。

 

また著書の出版もされていることが知られています。

スポンサードリンク

陳建一の年収(収入)について

収入に関しては様々な憶測というものがとびかっているということがありますが、少なく見積もって1000万ということになることが言えるのかもしれません。

 

おそらく2000万かそれ以上の収入を得てるということが推測できますね。

 

というのも陳建一さんに関しては、料理人、調理師、料理研究家という様々な肩書、そして現在も後進の指導にあたっておられるということが知られています。

 

さらにこの仕事以外にも、著書の出版に関しては印税というような収入もありわけです。

 

その他、テレビなどの出演を考えるとこのくらいの収入は妥当といえるでしょう。

 

スポンサードリンク

まとめ

病気の療養のこともあり、経営の第一線を息子である陳建太朗さんに任せているという説があるため、体調のほうが非常に気になる部分ではありますね。

 

頑張っていただいたいですが、体が資本の職業ということが言えると思いますので、健康第一で頑張っていただきたいですね、

 

これからも応援させていただきます!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

関連記事は下にスクロール!

コメント