レックス(ジャーマンシェパード犬)が少年(ハビエル16歳)を強盗の銃弾から死守!動物手術費用(動物ピース)

動物




動物ピースアメリカワシントン州デモインで起こった事件である、

 

 

ジャーマンシェパード犬のレックスが16歳少年ハビエルを強盗の銃弾から守ったことが取り上げられます。

 

 

動物の手術費用は非常に高額となります。

 

 

詳細について見ていきましょう!

 

 

スポンサードリンク

 

 

レックス(ジャーマンシェパード犬)と16歳少年(ハビエル)

 

 

 

 

この話題が注目されているのは強盗に入られた家の飼い犬であるレックス(ジャーマンシェパード犬)がヒーロー犬として海外メディアで話題となっているとうことなのです!

 

 

強盗に入られた家の飼い犬であるレックス(ジャーマンシェパード犬)は3発の銃弾を受けながらも飼い主である16歳少年のハビエルを守ったという感動的なストーリーなのですね!

 

 

スポンサードリンク

 

 

レックス(ジャーマンシェパード犬)と16歳少年(ハビエル)の留守番中に事件は起きた。

 

 

アメリカワシントン州デイモンで起こったとされるこの事件。

 

 

2月21日の正午過ぎに事件が起こったといいます。

 

 

何気ない日常である少年と犬が留守番をしているという状況。

 

 

16歳少年のハビエルと飼い犬のレックス(ジャーマンシェパード犬)もこのように日常を過ごしていた。

 

 

事件当初、家の二階部分にいたとされる16歳少年のハビエル。

 

 

何やら家の外で物音がしていることに気づいたのだといいます。

 

 

このときハビエルは窓から家の外をみたところ、車が駐車されていたのだとか。

 

 

だが、この車に関してはハビエルは見知らぬ他人の車だったのだといいます。

 

 

そうこうしている間に1回で大きな音がしたという。

 

 

窓ガラスが割れる大きな音だったといいます。

 

 

このとき、飼い犬であるレックス(ジャーマンシェパード犬)は1回に走ったといいます。

 

 

そして犯人に向かって吠えたてた!

 

 

このとき強盗犯の声が聞こえたという。

 

 

「犬が噛みやがった。この犬め!」

 

 

このときの16歳少年のハビエルの恐怖心は相当なものだったのではないでしょうか。

 

 

レックス(ジャーマンシェパード犬)の勇敢な行動に強盗犯も面食らったと思われます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

レックス(ジャーマンシェパード犬)と16歳少年のハビエルの行動!

 

 

 

 

16歳少年のハビエルは2階で警察に通報した。

 

 

その後クローゼットに隠れたといいます。

 

 

適切な対処だったと考えられます。

 

 

レックス(ジャーマンシェパード犬)は2階に上がってきたといいます。

 

 

だが、このときレックス(ジャーマンシェパード犬)は血だらけの状態に陥ってしまっていたといいます。

 

 

2階に上がって来た強盗たちはベッドルームを片っ端から漁りはじめた。

 

 

さらに強盗犯は16歳少年のハビエルが隠れている部屋にまで入り込んだのだといいます。

 

 

このとき!

 

 

なんとレックス(ジャーマンシェパード犬)は16歳少年のハビエルが危ないと感じて強盗に飛び掛かった。

 

 

このときレックス(ジャーマンシェパード犬)はほとんど残っていない力を振り絞って強盗たちに飛びかかって行ったというのです!

 

 

レックス(ジャーマンシェパード犬)のハビエルに対する忠誠心というのは人間と動物という関係を超越したものだったのだ。

 

 

スポンサードリンク

 

 

レックス(ジャーマンシェパード犬)は16歳少年のハビエルを死守した!

 

 

 

 

レックス(ジャーマンシェパード犬)は銃弾を浴びた。

 

 

強盗犯が発砲した銃弾は4発。

 

 

そのうちの3発がレックス(ジャーマンシェパード犬)に的中したとされている。

 

 

1発は首、残りの2発は足だったという。

 

 

もしもレックス(ジャーマンシェパード犬)がいなかったら、この銃弾4発は16歳少年のハビエルに的中していたかもしれないのだ。

 

 

危機的状況のなか、パトカーが現場に到着したとされています。

 

 

このとき強盗犯はサイレンの音を聞きつけ逃走したとされています。

 

 

スポンサードリンク

 

 

レックス(ジャーマンシェパード犬)の命

 

 

 

 

レックス(ジャーマンシェパード犬)は手術で一命を取り止めたとされています。

 

 

やはり一番ひどかったケガというのは首のけがだったといいます。

 

 

16歳少年のハビエルは1時間近くもクローゼットにかくれていたということがあきらかになっている。

 

 

「Rexにありがとうを言いたいです。もし彼がいなければ、今こうして取材を受けていられなかったと思います」

 

 

このようにかたる16歳少年のハビエル。

 

 

スポンサードリンク

 

 

レックス(ジャーマンシェパード犬)の手術費用はクラウドファンディングで調達⁉

 

 

 

 

GoFundMeという機関。

 

 

これはアメリカのクラウドファンディングの代表的なサイトです。

 

 

レックス(ジャーマンシェパード犬)の募金のページから医療費を募ったとされています。

 

 

レックス(ジャーマンシェパード犬)と16歳少年のハビエルに何が起こったかも詳細が記されています。

 

 

目標額は医療費100万円。

 

 

あっという間に目標額に達し募金自体は現在は終了している。

 

 

スポンサードリンク

 

 

最後に

 

 

 

 

動物ピースで放送されるレックス(ジャーマンシェパード犬)と16歳少年のハビエルの感動ストーリー。

 

 

レックス(ジャーマンシェパード犬)が強盗犯の銃弾を受けながら飼い主である16歳少年のハビエルを死守した。

 

 

また、クラウドファンディングでのレックス(ジャーマンシェパード犬)の手術費用がすぐにあつまったこと。

 

 

世の中捨てたもんじゃありません。

 

 

本当に感動的なストーリーです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

関連記事は下にスクロール

 

 

コメント