齋藤優一郎(スタジオ地図)の結婚(妻・子供)や大学は?プロフやインタビュー(ナカイの窓)

ナカイの窓




スタジオ地図のプロデューサーであり代表取締役である齋藤優一郎が出演されます。

 

齋藤優一朗の結婚(妻・子供)についてみていきます。

 

さらに大学などのWIKI経歴やプロフ、さらにインタビューについても見ていきます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

齋藤優一郎(スタジオ地図)のWIKI経歴やプロフ

 

 

名前:齋藤優一朗【さいとうゆういちろう】

生年月日:1976年11月5日

出身地:茨城県守谷市

 

アメリカに留学経験があるという齋藤優一朗。

 

現在はアニメーション映画制作会社「スタジオ地図」プロデューサーであり代表取締役をされていますね。

 

マッドハウスに入社したのが1999年だったといいます。

 

日本のアニメーション業界の黎明期である時期から活躍していたといいます。

 

さらにマッドハウス創業者でもある丸山正雄に師事したということですね。

 

りんたろう、杉井ギサブロー、川尻善昭、細田守、平田敏夫、小池健、などの監督作品のプロデューサーを務めているのです。

 

これはマッドハウス時代の業務ですね。

 

留学経験を生かしているということもあるでしょうか、海外との共同製作なども行っていたようですね。

 

さらに実写映画のコラボ作品も数多く行っていたと言います。

 

マッドハウスを退社し 細田守と共に「スタジオ地図」を設立したのが2011年だそうですね。

 

バケモノの子などはスタジオ地図での細田守監督作品のプロデュースに取り組んだ際の作品ですね。

 

このような企画・制作をおこなっているわけです。

 

日本テレビ・スタジオ地図有限事業組合を設立したのが2014だそうです。

 

非常に積極的な事業展開が特徴的です。

 

これは映画公開時期にとらわれないという特色があるでしょう。

 

国内外でこのように活動されているわけですね。

 

 

※関連記事はこちら

落合務の結婚と嫁(妻)に年収(収入)や車や時計の噂について (ナカイの窓)

 

 

齋藤優一郎(スタジオ地図)の大学

 

 

齋藤優一朗に関して大学の情報はあきらかになっていないようです。

 

齋藤優一朗さんはM2代表取締役の丸山正雄さんを東京の父親だと思っているそうなのです。

 

細田さんと最初に出会ったのは2004年の2月頃だったということも語られています。

 

齋藤優一朗さんは子供のころから宮崎駿監督、高畑勲監督、そして出崎統に杉井ギサブロー監督の作品が好きでよく観ていたのだといいます。

 

中高生のころ絵を描くことはできないけれど、映画の世界の片隅にはきっと自分が居てもいい場所があるに違いないと勝手に思い込んでいたということも語っておられます。

 

子供の頃から映画に携わることが夢だったのですね。

 

 

スポンサードリンク

 

齋藤優一郎(スタジオ地図)の結婚(妻・子供)

 

 

未来のミライでは細田さんの子供さんがモデルになっている部分もあるということになるでしょう。

 

細田さんは子供の純粋なリアクションをみていることで世の中に気づかされる部分が多くあるということになるでしょう。

 

子供のレンズを通すことで子供だけでなく大人に対してもアプローチしている内容になっているということになるでしょう。

 

齋藤優一朗さんに関しては結婚や子供などという情報に関して記載がありません。

 

 

※関連記事はこちら

福池和仁の嫁(妻)が美人すぎる!年収は平均値?WIKIやプロフも(ナカイの窓)

 

 

齋藤優一郎(スタジオ地図)のインタビュー

 

公共性大切にして映画を作り続けてきたという齋藤優一朗さん。

 

時をかける少女10周年の時のプロデューサーとしての心境として

 

本当にありがたいことだと思っています。

 

あっという間の10年でしたが、映画は本当に1本1本が勝負というか、一度失敗したら次がない世界なんです。

 

その中で、いまも僕らが新しい作品を作ることができるのは、この

 

『時をかける少女』

 

があったからこそ、たくさんのお客様に映画を観ていただいたからなんです。本当にありがとうございます。

 

このように沢山の方々への感謝の気持ちを述べられていますね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

スタジオ地図について

会社名:株式会社地図(アニメ制作会社)

名義:スタジオ地図

設立:2011年

代表:齋藤優一朗

 

 

スタジオ地図は時をかける少女やサマーウォーズなどのプロデュースを手がけた齋藤優一郎がマッドハウスを退社し立ち上げたわけです。

 

これは細田守とともに「スタジオ地図」を設立したということになりますね。

 

細田さんはスタジオ設立についてコメントされています。

 

「とっても小さなスタジオ。一番いい形で作品づくりができる、最適な場所を求めた結果です」

 

このようにコメントされているようです。

 

スタジオ地図の1回目の企画であるおおかみこどもの雨と雪は2012年に公開され、なんとその興行収入は42億円になったということでとても注目されることになりました。

 

スタジオ地図SHOPが日テレショップ内にあるそうです。

 

 

※関連記事はこちら

米林宏昌の結婚(妻・子供)や退社理由は?高校や大学と経歴など!(ナカイの窓)

 

 

最後に

 

 

子どもと大人が一緒に楽しめるアニメーション映画って、特別な意味があると思っているということも語っておられる齋藤優一朗さん。

 

子供の変化と成長にアニメーション映画はずっと係わってきたということもある。

 

齋藤優一朗さんも子供時代に観た作品たちに、夏の思い出を彩られ、背中を少しだけ押してもらったり、未知なる体験を通して、少しずつ大人になってきたといいます。

 

本当にアニメーションが大好きなのですね。

 

本当に好きなことに全力で取り組んでおられる齋藤優一朗さん。

 

今後も頑張って頂きたいです!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

スポンサードリンク

 

関連記事は下にスクロール!!

 

コメント