坂元裕二の自宅は?結婚した妻と家族・子供 (プロフェッショナル仕事の流儀)

プロフェッショナル仕事の流儀




プロフェッショナル仕事の流儀坂元裕二が出演されます。

 

新作の本や舞台が注目される坂元裕二ですが自宅どのようなものなのでしょうか、インスタなどもみていきます。

 

さらに結婚した妻(嫁)である森口 瑤子との馴れ初めや、女性遍歴と子供についても調べてみました。

 

またインタビューの名言やセリフについても取り上げていきます。

 

 

スポンサードリンク

 

坂元裕二の新作の舞台や本は?

 

 

名前:坂元裕二(さかもとゆうじ)

生年月日:1967年5月12日

出身地:大阪府大阪府出身

職業:脚本家・作詞家・東京芸術大学教授

 

主な作品として知られるのが。

 

東京ラブストーリー、わたしたちの教科書、Mother、それでも、生きてゆく、最高の離婚、いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう、カルテット、世界の中心で、愛をさけぶ、西遊記。

 

このあたりの作品に関しては非常に知っている方が多いのではないでしょうか。

 

出身地は大阪出身ということですが、通っていいた高校は奈良育英高等学校だったということです。

 

このときからすでに本に触れだしていたということですから、思春期には作家に憧れていたということになりますね。

 

映画では相米慎二に憧れていたそうです。

 

19歳という若さでデビューしていてフジテレビヤングシナリオ大賞を受賞しているのですね。

 

小説では中上健次に憧れていたということです。

 

 

※関連記事はこちら

むゆあ(古着店長)がダサい噂!彼女や事故原因は!?(プロフェッショナル)

 

坂元裕二の自宅

 

 

坂元裕二。

 

なんと4年先のスケジュールが決まっていたのが問題のあるレストランに入る前からの事だったのだといいます。

 

4年先のスケジュールが決まっているってどんな気分なんでしょうね。

 

作家というのは仕事がないのはかなりきついことだと思いますが、4年もの間スケジュールが決まっているというのは坂元裕二は怖くなってしまったということです。

 

連ドラを書いていくことは好きということだが、あまりに続きすぎるのは恐怖感もあったでしょうね。

 

やはり仕事以外の時間はないも同然でしょうね。

 

逆に感性を刺激する時間などというのも作家には必要なのではないかとも考えられますが、そのような時間は皆無だったのでしょうね。

 

 

スポンサードリンク

 

坂元裕二の家族(妻・子供)

 

 

坂元裕二と森口 瑤子結婚したのが1998年。

 

交際期間は3年ほどだったといいます。

 

子供が2002年に誕生しているということが言われていますので、現在は中学生か高校生ですね。

 

子供は娘だということが言われていますから、今後の成長などもとても楽しみではないでしょうか。

やはり芸能界の子供というのは英才教育なども注目されますから、もしかすると中高一貫性の学校に通っている可能性もありますよね。

 

やはり両親が顔がきれいですから、娘さんもきれいなかたかもしれませんね。

 

インスタなどでも子供さんの画像は公開に至っていないようですね。

 

 

※関連記事はこちら

横田真悠のダイエット!韓国人と噂?メイクとインスタ(プロフェッショナル)

 

坂元裕二の名言

 

 

カルテットの名言を集めてみました。

 

「ま、大概の犯罪者は、自分を被害者と思うことから始まりますけどね」

 

「志のある三流は、四流だからね。」

 

「人間関係ってどれも、”ズボン履いてるけどノーパン”みたいなことじゃないですか」

 

「この世で一番の内緒話って、”正義はたいてい負ける”ってことでしょ」

 

「裏返るもん、オセロみたいに。大好き、大好き、大好き、殺したい、って。」

 

「あほ。子を鎹(かすがい)にした時が夫婦の終わる時や」

 

「なんで男って他人の言うことは信じんのに、妻の言うことは信じひんのかなぁ」

 

「息子が言ったんだ「早く大人になりたい」って。その時僕は毎日「子供に戻りたい」って思ってた。」

 

「20代の夢は男を輝かせるけど、30代の夢はくすますだけや」

 

「妻、ねこ、カブト虫」で話通じる順で並べたら、「ねこ、カブト虫、妻」だからね。」

 

「子供とちょっと一緒にいるだけで、自分はええパパだって思うん、錯覚やで」

 

「言われた、された、言われた、された、それしか言われへんから離婚”された”んちゃん!」

 

「あなたといると2つの気持ちが混ざります。楽しいは切ない、嬉しいは寂しい、優しいは冷たい、愛しいは、虚しい。愛しくて愛しくて、虚しくなります。

 

「妻ってなあ、夫になあ、”もし結婚してなかったら”って思い浮かべられることほど悲しいことないよ」

 

「告白は、子供がするものですよ。大人は誘惑してください。」

 

「誘惑はまず、人間を捨てることです。」

 

「いつキスしちゃってもおかしくないぞ、の距離をつくるまでが、女の仕事です。」

 

 

とにかく坂元裕二は心に響く名言がスゴイんですよね。

 

今後の作品に関してもその名言にも注目が集まること間違いありません!

 

 

スポンサードリンク

 

坂元裕二の女性遍歴

 

 

森口 瑤子と坂元裕二。

 

二人の出会いは「ユーリ」で知り合ったということですね。

 

このように女優さんと監督が結婚するというケースはいくつかありますよね。

 

その2年後には二人は結婚するという流れになっています。

 

 

※関連記事はこちら

中田久美の若い頃の髪型は?結婚して旦那(夫)子供は?離婚の噂(プロフェッショナル)

 

最後に

 

 

23歳という若さで東京ラブストーリーという名作を手掛けている坂元裕二。

 

19歳で脚本家デビューされて現在まで活躍されているというのはそう簡単な事ではなかったでしょう。

 

その仕事のスタイルはやはりクリエイター気質の感じられる坂元裕二。

 

脚本は何度も修正することが好きなのだとか。

 

現場からの注文を受けて直すのも好きなのだそうです。

 

勢いで書くタイプではないということで本当に好きで仕事をされているからこそこれだけの注目を集める作品を作り出すことができるということですね。

 

今後も頑張って頂きたいです!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

スポンサードリンク

関連記事は下にスクロール

 

 

 

コメント