添田光恵の顔画像がFacebookで判明!和希ちゃんはなぜ?犯行動機(理由)を調査! 

ニュース




添田光恵の顔画像があきらかになっていますので記載していきます。

 

Facebookページについてもリサーチしてみたいと思います!

 

和希ちゃんはなぜ命を奪われることになったのでしょう。

 

犯行動機(理由)を調査してみました!!

 

スポンサードリンク

添田光恵の顔画像!

添田光恵は6歳の娘の首を絞めて死亡させたということで逮捕されました。

 

東京都板橋区の自宅が事件現場だったということです。

 

息を引き取った和希ちゃんを帰宅した父親が発見し通報したといいます。

 

「首を絞めた」

 

添田光恵はこのようにコメントしているのだといいます。

 

スポンサードリンク

 

添田光恵のFacebookページについて。

添田光恵のFacebookページについてはあきらかになっていないようです。

 

facebookアカウントはこの名前では登録が確認できないことからクローズになっているか、そもそも登録していないということも考えられます。

 

この名前では登録者がいない状態なのでまた情報があれば転記していきます。

 

スポンサードリンク

和希ちゃんはなぜ命を奪われることになったのか!?

 

東京板橋区の住宅で母親の添田光恵が6歳の娘の首を絞めて死亡させたとして殺人容疑で逮捕され田今回の事件。

 

またしても子供が犠牲となってしまった非常に心苦しい事件でもあります。

 

なぜ子供の首を絞めて命を奪うというようなことが母親にできたのでしょうか?

 

添田光恵は高齢出産していますから子供の誕生というのはとても喜ばしかったはずなのです。

 

そして、高齢出産した多くの方々が子供を溺愛するほどに子供たちを大切にしているような気がします。

 

どうやら、添田光恵の娘である和希ちゃんは知的障害があったとされています。

 

このことから、一緒に生活するうえで理解できないことが多く起こっていたことは想像できます。

 

だからといって、和希ちゃんの命を奪うという選択が正解だったのでしょうか?

 

おおよその人であればこのような選択をおこなうことはなかったでしょう。

 

スポンサードリンク

添田光恵の犯行動機(理由)を調査!!

 

添田光恵の犯行動機は次のようなコメントが明らかになっています。

「娘に知的障害があり、日頃から悩んでいた。自分も死にたかった」

 

夫は妻の相談に乗ってあげることができていたでしょうか?

 

添田光恵は娘である和希ちゃんの育児に相当なストレスを感じていたことでしょう。

 

ですが、このような状態であっても子育てというのは一人で行うものではありませんから、夫をはじめ両親であったり兄弟であったり、公共の機関あっての子育てだと感じます。

 

ですが、添田光恵は自分も死にたかったというような供述をしているのです。

 

精神的に追い詰められて犯行に及んだわけですから、かなり精神は圧迫されていたことでしょう。

 

だからといって、子供の命を奪うというのは正しい選択ではないことは確かなのです。

 

でも、添田光恵の周りはどうだったんでしょうね?

 

夫は妻の相談に乗っていたでしょうか?

 

両親や義理の親は助けの手を差し伸べていたでしょうか?

 

そのようなことも踏まえて今回の事件を見るともしかするとなにか手立てがあったのではないかと悔やまれます。

 

スポンサードリンク

最後に

 

最近非常に多い我が子に対する虐待などのニュース。

 

非常に胸が痛みます。

 

そして、なぜこのように力ない子供たちが被害を受けるのか。

 

どうしても信じられません。

 

日本という国はとても裕福な国ですよね?

 

この日本で愛されるべき子供たちが親に傷つけられたり、命を奪われたりというような発展途上国なのか?

 

とも思わされる事件が多発している状態。

 

まずは自分という、個人からという思いはありますが、このような子供を守る事。

 

そして、大人というものがもう少し生きやすい世の中作りもひつようになってきているのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

関連記事は下にスクロール

コメント