鈴木正文の髪型がハゲだけどシャレオツ!息子や若い頃の愛車(有吉ジャポン)

有吉ジャポン




有吉ジャポン鈴木正文が出演します。

 

鈴木正文髪型ハゲを利用して注目れさ、ファッションとともに話題としてになっていますね、美容院はどこなんでしょうね。

 

鈴木正文結婚した妻(嫁)や息子に関しても見ていきたいと思います。

 

また若い頃愛車に関しても調べてみました。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

名前:鈴木正文(すずきまさふみ)

生年月日:1949年

学歴:慶應義塾大学文学部・中退

 

髪型がかなり特徴的な鈴木正文は慶応義塾大学文学部を中退しているので、学歴に関しては高卒ということになります。

 

英字紙記者から二玄社に入社。

 

NAVI創刊に参加した。(自動車雑誌)

 

集長に就任したのが1989ですね。

 

社会的文化的な尺度で自動車を批評。

 

自動車の文化雑誌を掲げ、数字だけでない編集作業を行っていたのだとか。

 

独立したのが1999年。

 

ENGINEを創刊したのが2000年だったということですね。

 

現在はGQ Japanの編集長として活動されているわけですね。

 

髪型が特徴的ですがクォーターだという鈴木正文。

 

祖母がドイツ人女性ということです。

 

どうりでほりが深いですよね。

 

 

 

 

鈴木正文の美容院

 

通っている美容院はわかりませんでしたが、美容師さんの感想がありましたので記載しておきます。

 

基本を無視してますね笑!

 

あまり目立ちたくない人にとっては、はっきり言って参考にならないけど、目立ちたい人は、いいんじゃないかな?

 

いい服を着て、派手だし、薄毛のことがどうでもよくなるという・・・笑

 

ハゲをお洒落にという観点においては基本を全く無視している髪型なのだとか!

 

さすがプロ目線は的確で的を得ていますね。

 

ちなみにお洒落ハゲに最も必要な要素は?という質問にも美容師さんが答えていました。

 

1番大切なのは。

 

清潔感

 

ということです。

 

よれよれのシャツはもちろんだめです。

 

よごれのついた服なんてもってのほかです。

 

やはり清潔感があってこそのお洒落な髪型ということがわかりました。

 

鈴木正文さんはファッションもお洒落でセンスがありますから、現在の髪型でも注目があつまるのですね。

 

 

 

 

鈴木正文の家族(結婚・嫁・息子)

 

鈴木正文さん見た目的にも遊び心がハンパないですからなんかモテそうですよね。

 

若い頃は遊んでいたかもしれませんね。

 

ということで結婚しているのかなどという情報に関して色々調べてみたのですがあきらかになっていないということです。

 

年齢的に考えても結婚しているのではないかと思うのですがね。

 

奥様もいらっしゃるとしたらお洒落な方なのではないでしょうか。

 

このあたりもわからな部分ですね。

 

息子に関しても情報があきらかになっていないことからプライベートに関してはクローズな鈴木正文。

 

今後明らかになり次第追記していきます。

 

ネット上では結婚していないという記載もちらほら見かけております。

 

スポンサードリンク

 

鈴木正文の若い頃

 

鈴木正文が慶応義塾大学の文学部に在籍していたとき学生運動に熱中していた鈴木正文。

 

なんと学生運動が原因で逮捕されたという過去をもっているのです。

 

若い頃から自分の意見をはっきりと表に出していたという鈴木正文だがこれはあまりにも驚きの内容といえますね。

 

さらにこの事件がきっかけとなり大学中退。

 

鈴木正文の若い頃は波乱万丈だったということですね。

 

 

鈴木正文の愛車

 

 

鈴木正文の愛車はシトロエン2CVだったということがいわれています。

 

現在は手放しているという噂もありますから定かではありませんが。

 

関根久光さんからもらったというシトロエン2CV。

 

関根久光さんというのは

 

関根久光さん、ジャケットやスーツのモデリストであり世田谷でセキネ洋服店を営んすぃるかたなのだとか。

 

あまり乗っていなかったということですが、車もらえるなんて羨ましいです。

 

85年型で修理や再び塗装する必要はあったということですが、そのレトロ感もいいですよね。

 

 

 

最後に

 

 

非常にお洒落ということでも注目されている鈴木正文。

 

めちゃくちゃおしゃれなどとネット上でもささやかれていますね。

 

ファッションセンスいいんですよね。

 

さらに雰囲気というかオーラもでてるかんじがしますよね。

 

さすが業界人といった感じです。

 

さらにその年収というのは1千万を超えるということがいわれていますので、ビジネスマンとしても憧れの存在かもしれません。

 

忙しい毎日とは思いますが、今後も頑張って頂きたいです!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

スポンサードリンク

 

関連記事は下にスクロール

コメント