田端良基(大阪桐蔭)の今現在はバーとオーダースーツでで年収は?結婚して嫁と子供いる?4番で藤浪と同期?弟は甲子園出場してる?(消えた天才)

スポーツ




 

 

消えた天才に大谷翔平に勝った天才たちとして田端良基の人生を追跡するといいます。

 

 

「消えた天才」として大阪桐蔭でも4番を打っていた実力もっていたこと。

 

 

大谷翔平投手(エンゼルス)を倒した天才を追跡ということですね。

 

 

甲子園でただ一人、本塁打を放った存在。

 

 

野球界から離れ今現在も見ていきましょう。

 

 

亜細亜大学野球部も数日で退部して高校卒業後に何があったのでしょう。

 

 

田端良基ですが今現在バー・オーダースーツで年商1億円の実業家で年収はどうなのか?

 

 

社会人野球クラブに所属していますが結婚して家族である、嫁・子供はいるのでしょうか。

 

 

スポンサードリンク

 

 

田端良基の今現在はバーとオーダーメイドスーツで年商1億!?

 

 

 

 

オーダーメイドのスーツを作る会社を経営している田端良基。

 

 

さらに現在はバーを経営したりしています。

 

 

経営者としての才能。

 

 

それは年商一億円という経営者として実証されています。

 

 

スポンサードリンク

 

 

田端良基のWIKIプロフィールや経歴

 

 

 

 

田端良基(たばたよしき)

生年月日:1994年生まれ

年齢:24歳

ポジション:ファースト、外野手

投打:右投げ右打ち

身長:175㎝

出身:和歌山県

高校:大阪桐蔭 卒業

 

 

大阪桐蔭の4番バッターであった田端良基。

 

 

2012年には春夏連覇しています。

 

 

これは2012年に藤浪晋太郎たちと打ち立てた経歴ですね。

 

 

高校卒業後は亜細亜大学に進学。

 

 

日本ウェルネス大学北九州で野球をしていたが引退。

 

 

大谷翔平選手からホームランを奪ったのは高校時代の選抜のときです。

 

 

田端良基は高校時代通算22本のホームランを記録してる。

 

 

夏の大会では5試合で18打数7安打5打点、やはり天才といわれるだけの事はあるのです!

 

 

2試合連続ホームランを打つなどの大活躍をしていた。

 

 

退部したきっかけとして言われているのが、高校卒業してからプロに入るという夢が絶たれたということが退部の根源にあったと本人のコメントから明らかになっていますね。

 

 

野球はきっぱりと辞めて水道の仕事や鉄工所の仕事をしていたといいます。

 

 

そんなとき弟の田端拓海がなんと甲子園出場を果たすことに成功したのです!

 

 

これによって、田端良基の野球への思いというものに再び火がともったのだとか。

 

 

田端良基の弟、田端拓海が通っていた大阪偕星学園高はちょっとワルっぽい人材が多く集まる高校としてその名が通っていました。

 

 

田端良基の弟である田端拓海に関しても監督の指導に導かれ甲子園の土を踏むこととなったといいます。

 

 

大阪大会準々決勝。

 

 

ここでなんと田端良基の母校である大阪桐蔭と弟の大阪偕星学園と対戦する機会があったのだとか。

 

 

大方の予想は大阪桐蔭の圧勝。

 

 

だが予想を覆し弟達は見事勝つこととなったのです。

 

 

田端良基の良基はこれに非常に感動したのだといいます。

 

 

これによって田端良基は野球への情熱をとりもどしたということなのですね。

 

 

スポンサードリンク

 

田端良基は結婚して嫁・子供はいるの?

 

 

 

 

田端良基は大谷や藤浪と同級生の現在24歳。

 

 

結婚相手の嫁・子供、彼女などの情報に関しては現在あきらかになっていないということですがおそらく独身でしょう。

 

 

会社経営者で儲けていますからモテることは間違いないでしょう。

 

 

さらに交友関係はとても広いのではないかともいわれているほどですからね。

 

 

スポンサードリンク

 

最後に

 

 

 

 

大阪桐蔭の田端良基今現在、経営者としてその名を馳せていたようです。

 

 

結婚はされていないのではないかと思いますが、まだまだ20代ですから今後も仕事はバリバリしていくでしょうね。

 

 

スポンサードリンク

 

関連記事は下にスクロール

 

 

コメント