ディアトロフ峠事件・ネタバレ・真相・謎・嘘・真実・放射能・イエティ説・大気物理学・先住民・アンビリバボー

アンビリバボー

ディアトロフ峠事件ネタバレ真相は謎で嘘ばかり!真実は放射能?イエティ説と大気物理学の先住民の関係(アンビリバボー)

奇跡体験アンビリバボーでディアトロフ峠事件がとりあげられるということで非常に注目が集まっていますね。 ロシアで起こった遭難事件としてしられるディアトロフ峠事件ですがネタバレしているのでしょうか、謎が多いわけですが嘘と真相に迫ってみます! 真実は放射能なのか大気物理学なのか、先住民とイエティ説についても調べてみました。 世界最大の未解決事件としてしられているディアトロフ峠事件ですが映画やゲーム、本といった数々の作品になっていることも特徴的なこの事件。 登山経験の豊富な大学生9人が遭難したとされるディアトロフ峠事件。 全員靴を履いていない状態の遺体のほとんどが防寒着を着ていなかっと。 3人は頭蓋骨陥没等の外傷でありながら6人凍死で1人は舌がない状態という異様な事件現場。 当初のメンバーとして知られていたのが10人。 だが一人が途中で体調不良になり下山したという。 これが唯一の生存者として知られている人物ということになります。 事件の真実とは何なのか、これには放射能大気物理学などが関わっているとか。 さらに先住民との関係やイエティなどの説があることから真実が非常にあいまいになっています。