田中義剛 の年収と資産!タイでも?チーズ花畑工場がスゴイ!妻と子供は?(ダウンタウンDX)

タレント




 

 

田中義剛がダウンタウンDXに出演します。

 

タイでもぼろ儲けということですが、今現在の年収と資産はどのようになっているのでしょうか。

 

またチーズ、花畑工場についても見ていきましょう。

 

妻と子供といったプライベートな部分に関しても見ていく事とします。

 

 

スポンサードリンク

 

 

田中義剛の今現在はタイでぼろ儲け?

 

 

 

 

田中義剛はタイでも大儲けしている。

 

そのスケールは相当な規模になっている。

 

なんと東京ドーム100個というような巨大牧場で牛を飼育している。

 

その牛の数2000頭ということでもう凄すぎて一般的にはイメージすらできない状況である。

 

この2000頭の牛から搾乳する牛乳の量はなんと12トン

 

10トントラックということでイメージすれば大型トレーラーのようなサイズであることからこの凄さが伝わるでしょう。

 

さらにチーズの製造工場まで立ち上げたということがそのコメントから明らかになっているのだ。

 

自社で牛乳の搾乳からチーズまでの流れを作っているということから考えるとブランドとしても非常人気が出ることはまちがいないでしょう。

 

田中義剛いわく自ら文化を作ることで、現在タイ国内でチーズブームを巻き起こしているということがいえる。

 

これはアーティスティックな考え方ともとらえることができるだろう。

 

稼ぐとはアートであるということを耳にしたことがありますが田中義剛にもこのようなセンスがあるのだろう。

 

アジア圏での成功を次のように語っている。

 

「一度アジアで爆発したら日本の比じゃない。日本は“ドカン”ぐらいだが、“ドッカーン!”だ」

 

日本の経営者の方々が海外進出をしていく背景にはこのような現象が日常茶飯事であるということがいえるでしょう。

 

飛ぶように売れる。

 

これがタイの魅力ということになりますね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

田中義剛の年収と資産がヤバイことになっている!

 

 

 

 

タイではチーズが大人気です。

 

この理由について少しふれていきます。

 

2018年から流行しているというチーズ。

 

これは日本の影響が大きいと言えるでしょう。

 

このチーズブームの火付け役となったのがタイのセブンイレブンで販売されている「チーズ入り惣菜パン」がはじまりなのです。

 

これは発売が2017年からということになっていますので、2018年現在も引き続いているブームということになりますね。

 

タイのチーズ文化というものが広がる背景にはタイ人の美本旅行の人気というものが深くつながりを見せます。

 

タイ人からするとあまり馴染みのない日本というものがタイで浸透した。

 

日本のセブンイレブンは安くてレベルが高い

 

タイ人の多くは口々にこのような事を話していたという背景があります。

 

このような経緯から日本食の品質、味というものがレベルが相当高いという認識になったのでしょう。

 

このことからセブンイレブンのブランドというものがタイでも定着したことからこのブームに至っていますね。

 

セブンイレブンで販売されている「蒸しパン」や「ティラミス」「小倉マーガリン」といった商品も人気となっています。

 

田中義剛の年商は50億ということがささやかれており、その純利益は26億ほどということになります。

 

花畑牧場の社長の田中義剛。

 

貯蓄額に関しても少し迫っていきます。

田中義剛さんの2010年の年収を売り上げなどから考えるとすれば。

 

50億の売り上げ、26億ほどの純利益ですよね。

 

2017年では売り上げ50~100億ということになるのではないでしょうか。

 

売り上げ100億という会社の企業サイズというのは中小企業に分類されます。

 

花畑牧場などの資本金、従業員数から換算すると3000万ほどがその年収ということになるのではないでしょうか。

 

 

※注目記事はこちら

進撃のノアの年収とは!マンションが家事で騒然!歯を整形の噂とスゴイ父親!(有吉ジャポン)

 

 

田中義剛のチーズ花畑工場がスゴイ!

 

 

 

 

年間9億6千万円のラクレットチーズを「花畑牧場」で作っているという。

 

チーズ料理の店に置いてあるラクレットチーズの専用オープンにも注目しているという田中義剛。

 

現在日本で一台10万円以上するというオーブンはほぼ海外製だということに目星をつけたのだ。

 

自社で製造し、オーブンを納入したい店に無償で提供することを考え出しているというのだ。

 

もちろん客というのはついでにチーズも注文するだろう。

 

このようにビジネス展開を進めているということになる。

 

これがたなか義剛のビジネスセンスといえるでしょう。

 

とにかくパッパッと脳みそが回転しアイデアがわいてくるということなのだろう。

 

一般の脳からすると非常にすぐれているのではないか。

 

 

スポンサードリンク

 

 

田中義剛妻と子供はとうなのか?

 

 

 

 

現在、結婚もされて3人の子供にも恵まれているという田中義剛。

 

その評判についての記載がありました。

 

田中義剛において、北海道での評判が非常に悪いということがいわれているそうです。

その理由としては「お金儲け主義」ということがいわれています。

 

やはりこれはにじみ出るものであってしょうがないといえます。

 

金、金。

 

というような雰囲気がでてしまっているのでしょう。

 

やはり日本ではこのような姿勢というのはあまり好印象ではないためにこのような結果になっているのでしょうね。

 

やはり日本として取り入れられるのは和の心です。

 

ですが評判がわるいというのも一部の意見であり、好きな人は好きなのです。

 

ですが追い打ちをかけるように「よそ者」というようなふうにかんじられることもあるのだといいます。

 

これは田中義剛が北海道出身ではなく青森出身であるということがかんけいしているということになります。

 

これはもうしかたないとしかいいようがありません。

 

 

※注目記事はこちら

谷田絹子の今現在!結婚して旦那(夫)と子供や孫がいる?エース東洋の魔女(爆報フライデー)

 

 

まとめ

 

 

 

田中義剛は高校を卒業してから北海道に渡るということになった。

 

16歳の頃に友人がなくなるという経験をしているのだ。

 

これは漁船のコック長をしていたという友人が遭難死をしたというもの。

 

オホーツク海での出来事だった。

 

このことから田中義剛は襟裳岬まで哀悼の旅に出たという。

 

この帰り道にとある出会いがあった。

 

門別の牧場で馬の出産というものを目にしたことから牧場を開くという夢をもったのだという。

 

酪農学園大学へ進学したのだが現実をみることとなったという。

 

牧場をやるには最低2億の資金が必要」

 

という事実を知ってしまったのだ。

 

大学生にとって2億円などという数字がイメージできるわけもなくただただショックを受けた過去を持つ。

 

1994年に開業した花畑牧場。

 

これは、田中義剛の夢が形になったということになりますね。

 

ただこの開業時には合計4億円という借金を背負ってのスタートであるということですからそう簡単な道のりではなかったでしょう。

 

一時控えていたタレント活動も増やという努力にも時間を割いている。

 

少しでも牧場の知名度をあげて話題に取り上げてもらえればという地道な活動というものがあったのだ。

 

テレビのバラエティ番組やラジオのパーソナリティの仕事などもこなしているということから非常に忙しいひびであるということは間違いないでしょう。

 

家族もおられるので頑張って頂きたいですが、くれぐれも体には気を付けて頂きたいですね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

スポンサードリンク

 

 

関連記事は下にスクロール

 

 

コメント