谷田絹子の今現在!結婚して旦那(夫)と子供や孫がいる?エース東洋の魔女(爆報フライデー)

スポーツ




爆報フライデーに谷田絹子がとりあげられます。

 

東洋の魔女として恐れられた谷田絹子は今現在どうのようにしているのか。

 

谷田絹子に関して、結婚して旦那(夫)と子供や孫がいる、などという話についてもみていきます。

 

東洋の魔女の中でその特色を生かしたプレー。

 

谷田絹子は回転レシーブをの使いてである。

 

このトリックのようなレシーブを武器に持っていたこと。

 

そしてエーススパイかーとして東京オリンピックで活躍した。

 

 

スポンサードリンク

 

 

谷田絹子のWIKIプロフや経歴について

 

 

名前:谷田 絹子(たにだ きぬこ

現姓:井戸川1939年9月19日 から

出身地:大阪

出身高校:四天王寺高校

 

日本の元バレーボール選手であり1964年東京オリンピックバレーボール女子金メダリストである谷川絹子。

 

高校生三羽烏と呼ばれた名選手であることから、高校時代から注目を集めていたことはいうまでもない。

 

谷田絹子はスポーツ選手ということもあり一時怪我のため調子を落とした。

 

やはりスポーツにおいてケガなどはつきものと言えるでしょう。

 

ですが猛練習で克服したのです、これも谷田絹子のメンタル面が現れている一面でもあるわけです。

 

このように厳しい過去をも乗り越えながら東洋の魔女のレギュラーとなったのです。

 

キレのよいスパイクが特徴であるエースとして活躍したわけですね。

 

1964年に開催された東京オリンピック。

 

日本はこのうえなく盛り上がっていた。

 

このときバレーボール競技において、エーススパイカーとして金メダル獲得に大いに貢献したのが谷田絹子ということになります。

 

東洋の魔女であるユニチカフェニックスでプレーしていた。

 

東レ・アローズの前身となったチームでもあるわけです。

 

 

※注目記事はこちら

西野友毬がカワイイ!旦那の年収がヤバい?昔と今現在に衝撃!(爆報フライデー)

 

 

谷田絹子の今現在!

 

 

 

大阪出身である谷田絹子。

 

2017年の時点では、出身地の大阪府池田市で、週に3回、ママさんバレーの指導をしているということだった。

 

やはりバレーに関わるライフワークというのは今も変わっていないということになるでしょう。

 

「運動して元気になる」

参加者の皆さんは口々にその参加理由についてはなしておられます。

 

「うまくなって優勝したい」

やはり本気の方々というのもいらっしゃるわけですね。

 

様々な参加理由がりそれぞれ違いはあるということになるのですが、スポーツを好きになってもらうということが非常にじゅうようということになります。

 

このことから、みんなが参加できて、それぞれ色々あるとは思われますが、目的という部分では好きになってもらうということが根本的活動の要因といえるでしょう。

 

バレーを通して地域にも貢献される姿は素晴らしいものがあります。

 

日本トップレベルであった過去を持っているということに関して、このような人間性の部分は必ず重要視されていたことに違いありません。

 

このように当時から周りの事を考えるということをされてきた方なのではないかと思われます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

谷田絹子結婚した旦那(夫)

 

 

 

現在は結婚されているということで「谷田」という名前は旧姓ということになるわけです。

 

昔は嫌で嫌でたまらなかったという東洋の魔女という名前。

 

東京五輪の前から「東洋の魔女」が定着したということがありました。

 

鼻の長い、いじわるなおばあさんのイメージ

とおっしゃっています。

 

魔女というのがひっかかっていたということもいなめません。

 

やはり関西人ですから

「なんで魔女やねん」

なんて心のなかではさけんでいたということになりますね。

 

当時は非常にカリカリしていたということを語っておられます。

 

これはやはり様々な要因が絡んでいたことでしょう。

 

今なら呼ばれたら「ハイハイ」と返事をかえすというのだが、当時は嫌だったようですね。

 

魔女なんて呼ばれたい女性はいないものです。

 

谷田絹子の気持ちとしては負けることはできないというプレッシャーをかけたくないといいます。

 

これは金メダルを取るのが当たり前と期待され、優勝しか考えていなかったという過去がそうさせるのでしょう。

 

応援する側に立つと、三つのメダルのどれでもいいと思うといいます。

 

これもうなずける部分は多いと思われます。

 

谷田絹子に関しては金メダルまでの辛く厳しい道のりを知り尽くして味わい尽くしているからこそ、このような気持ちになれるのだと思われます。

 

 

※注目記事はこちら

宇井美智子って子供いるのかな?占い師で年収が億?評判がスゴイ!(爆報フライデー)

 

 

谷田絹子には子供や孫がいる?

 

 

谷田絹子においては結婚して3人の子供がいるということです。

 

さらに孫も7人いるということになります。

 

「スパルタ」で知られる大松先生。

 

現役当時はこのような指導者の元で練通常の生活にも憧れはあったのではないかとおもいます。

 

「やるからには一番を取る。二番はビリと一緒」

このよう持論をお持ちなわけですからついていくのは地獄だったでしょう。

 

練習は深夜まで続くこともしばしば。

 

この中で耐えられるというのはスゴイとしか言いようがありません。

 

すさまじいメンタルがそこにはあったことでしょう。

 

体調が悪かったとしても練習を休むことは許されなかったといいます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

谷田絹子はエースで東洋の魔女

 

1961年の初の欧州遠征で22戦全勝。

 

外国メディアからは「東洋の台風」とも言われていたのです。

 

まるでマジシャンのような扱いであす「東洋の魔法使い」という名前が付けられたといいます。

 

日本は1962年の世界選手権で優勝したことで世界の頂点に達したということになります。

 

博文監督と一緒に引退するつもりだったということもあかしているほどだった。

 

それほど厳しいものを体験することで多くの犠牲はまぬがれなかったと思われます。

 

当時、目標の世界一を達成したということから燃え尽きていた時期があったといいます。

 

さらに奮起したということに関しては周囲の期待の大きさが挙げられるでしょう。

 

日本で五輪が開催されることはすごいこと。

 

これは多くの方々から言われたからに違いないでしょう。

 

「スパルタ」で知られる大松先生の猛練習これが金メダルを取れたよういんであったといえるのですね。

 

「やるからには一番を取る。二番はビリと一緒」

このような自分に厳しいマインドが金メダルというような快挙を成し遂げた要因であることは言うまでもありません。

 

 

※注目記事はこちら

淡島千景の夫は?若い頃の身長や役がスゴイ!晩年は不遇?(爆報フライデー)

 

 

まとめ

 

 

 

谷田絹子さんは、若い人や子どもたちにもっと「東洋の魔女」のことを知ってほしいとのこと。

 

そのころのエピソードをまとめた原稿を執筆されているのです。

 

魔女たちは監督のことが大好きだったといいます。

 

決して「鬼」ではないとかたられています。

 

監督と選手たちは固い信頼関係で結ばれた家族のようなチーム構成になっていたということですね。

 

だからこそチームとして様々な困難を乗り越えてきたのでしょう。

 

様々ことが多くあったと思われますが、今後も幸せいっぱいの人生を歩んでいただきたいです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

スポンサードリンク

 

関連記事は下にスクロール

コメント