舘野泉は息子との絆で悲劇から復活した世界的な日本人ピアニスト!!【1番だけが知っている】

アーティスト




世界的日本人ピアニスト舘野泉さんに起きた悲劇とはどのようなものだったのでしょうか?

 

息子との絆が舘野泉さんを悲劇から復活させました。

 

舘野泉と息子の魂の復活劇について見ていきたいと思います!

 

スポンサードリンク

世界的日本人ピアニスト舘野泉に起きた悲劇とは!?

舘野泉さんは65歳の時、リサイタルの最中「脳溢血」で倒れてしまいました。

 

舘野泉さんの身に起こった悲劇でした。

 

このことから、舘野泉さんは右半身不随となってしまいました。

 

舘野泉さんは次のようにコメントされていました。

「気に病みもしなかったし、絶望もしなかった」

 

何があっても絶望しない。

 

それが舘野泉さんの生き様そのものなのだろうなと感じさせられました。

 

このような前向きな人間性は多くの人の心に灯もしています。

 

「絶望している暇はない」という著書にも記されています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

絶望している暇はない 「左手のピアニスト」の超前向き思考 [ 舘野 泉 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2019/8/20時点)

楽天で購入

 

舘野泉さんは80歳を過ぎた今現在も、現役で世界を飛び回るプロピアニストとして活躍されておられます。

 

病気で倒れた時のことは周りが心配してくれたといいます。

 

体は不自由になったとしても舘野泉さんはまったく動じていません。

 

真っ向から事実を受け止めておられます。

 

周りから「辛かったでしょう」「大変でしたね」などといわれても舘野泉さんはいたって前向です。

 

舘野泉さんは「つらいと愚痴るより笑えばいい」といった名言も残しておられます。

 

舘野泉さんは人生を楽しむ達人とも言われています。

 

それは舘野泉さんのリハビリに対しての向かい方にも表れています。

 

舘野泉さんにとってリハビリは新しい体験であり、初めての体験は楽しかったとおっしゃっています。

 

「毎日何かができるようになるから辛くなんかなかった」という舘野泉さん。

 

こけたり失敗したりしても嫁にはなして笑い話にしていたといいます!

 

奥さんは次のように話されていました。

「リハビリ期間ほどわが家に笑いが絶えなかった日はなかったわね」

 

右手が復活することはない、落ち込むこともあったといいます。

 

ですが、前向きに進んでいこうという姿勢が多くの方の心を動かしていることは間違いないでしょう!

スポンサードリンク

息子との絆が舘野泉を悲劇から復活させた!

舘野泉さんの息子は「ヤンネ」といいます。

 

ヤンネはある日一枚の譜面を無言でピアノの上に置いたそうです。

 

舘野泉さんが倒れて一年以上はたっていたのだとか・・・。

 

久しぶりに顔を合わせた親子。

 

ヤンネが置いた楽譜というのは「左手のための三つのインプロヴィゼーション」

 

イギリスの作曲家ブリッジのものです。

 

舘野泉さんは楽譜を見ていたら急にピアノを弾きたくなったといいます。

 

弾いたら、弾けた

 

左手一本で!!

 

舘野泉さんはこの時の感覚を「左手の音楽という見たこともない新しい世界が開けてきた」と表現されています。

 

「左手の音楽を与えられ音楽の本質が見えてきた」と語る舘野泉さん。

 

左手のピアニストを楽しんでいるといいます。

 

スポンサードリンク

最後に

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

絶望している暇はない 「左手のピアニスト」の超前向き思考 [ 舘野 泉 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2019/8/22時点)

楽天で購入

 

 

舘野泉さんは著書「絶望している暇はない」を執筆されています。

 

舘野泉さんからは生きるヒントを存分に得られます。

 

スポンサードリンク

関連記事は下にスクロール!!

コメント