山元香代子は結婚して家族である旦那(夫)子供はいるの!?WIKIプロフィールや年齢!医師経歴(高校・大学)と年収は?(世界なぜそこに日本人)

世界ナゼそこに?日本人




世界ナゼそこに?日本人に山元香代子がとりあげられます。

 

 

 

アフリカ南部ザンビアのへき地で毎年500万円の私財を投じてまで貧しい人々を救う58歳女性。大切な人の死を乗り越えた波瀾万丈の人生ドラマとは

 

 

このように紹介されている山元香代子についてWIKIプロフィールや経歴(高校・大学)についてしらべてみました!

 

 

さらに山元香代子が結婚して家族である旦那(夫)子供がいるのか、プライベートな部分も見ていく事とします。

 

 

さらに医師、医学博士として活躍している山元香代子の年収についてもみていきましょう!

 

 

スポンサードリンク

 

 

山元香代子医師のWIKIプロフィールや経歴(高校・大学)と年齢

 

 

 

 

山元香代子は認定NPO法人ザンビアの辺地医療を支援する会【ORMZ】副理事長としてしられています。

 

 

大学は自治医療大学を卒業されています。

 

 

自治医療大学を卒業されてからというもの宮崎でのへき地勤務というものをおこなってこられたことでもしられています。

 

 

この期間はなんと9年間にも及ぶといわれていますから相当な期間を通してキャリアアップされています

 

 

今現在58歳ということが言われていますが、日本国内では15年間という期間を間地医療に従事してこられたというわけです。

 

 

発展途上国での医療保険活動に関心を持ち始めたとされています。

 

 

WHO西太平洋事務局医務官として、さらにJICA専門家としての活動など、幅広く行っておられます。

 

 

ORMZはザンビアの辺地医療を支援する会ということで日本語名称をそのまま英語にしたないようになっています。

 

 

山元香代子の活動を支援するために設立された会ということで山元香代子の貢献度が伺えます。

 

 

2005年から2007年JICA専門家としてザンビア共和国の地域保健医療の向上に尽力したとされています。

 

 

山元香代子は宮崎県出身としても知られています。

 

 

チボンボ郡での現地調査の結果、病院やヘルスセンターから遠く離れた地域の医療環境の改善のために、巡回診療の必要性を感じたことがあったといいます。

 

 

やはり現地を経験すれば様々な問題点が浮き彫りになるというものですね。

 

 

2010年ザンビア保健省に巡回診療活動の申請書を提出したとされる山元香代子。

 

 

同年にはザンビアの医師免許を取得していますので、その行動力は尋常ではありません。

 

 

2011年4月に巡回診療活動が承認されたのだといいます。

 

 

このことから同年10月からチボンボ郡ルアノ地区等でボランティアでの巡回診療活動を開始したといいます。

 

 

当初日本国内のNPOからの支援で行われていた当プロジェクト。

 

 

なんと2011年12月支援が打ち切られた。

 

 

このことから山元香代子の自己資金のみで対応することとなったというのです。

 

 

薬品・器材の購入、活動参加協力者への日当支払、運転手の給料、ディーゼル代、車の維持費など全てを自費で行うというのです。

 

 

このことから山元香代子の活動を安定的に継続できるように「NPO法人ザンビアの辺地医療を支援する会」が設立されたというわけですね。

 

 

これが2012年7月だったといいます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

山元香代子は結婚して家族である旦那(夫)子供がいるのか!?

 

 

 

 

過酷な状況に、孤独や迷いを感じることもありました。女性として結婚や出産への憧れを捨てきれない時期は本当に辛かった、

 

 

このように語っておられる山元香代子。

 

 

全てを無償で行う巡回診療。

 

 

薬代や人件費などの費用としては年間700万円もの資金が必要とされています。

 

 

車の維持費も非常に高額となります。

 

 

NPO法人を設立したことで寄付が集まるようにはなったものの厳しい状況をきりぬけてこられたことにちがいありません。

 

 

さまざまなところを切り詰めながら活動を続けているという山元香代子。

 

 

女性として、多くの者を犠牲にして現在の活動があるのですね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

山元香代子(医師・医学博士)の年収は?!

 

 

山元香代子の年収は明らかになっていません。

 

 

いつも目の前の現実を見つめ続けている山元香代子。

 

 

そしてその現実から目をそらすことなく自分の信念を貫き通すその姿勢。

 

 

一般の方々にはそう簡単にできることではないのではないでしょうか。

 

 

揺るぎない信念がある山元香代子だからこそできるとされているこの活動内容。

 

 

さらに強い正義感や使命感。

 

 

この活動でどれほど多くの方々が救われているでしょうか。

 

 

スポンサードリンク

 

 

最後に

 

 

 

 

アフリカ南部に位置するザンビア共和国。

 

 

「後発開発途上国」に分類されている地域でもあります。

 

 

山元香代子はザンビアのへき地で十分な医療を受けることのできない人たちのために「巡回診療」を行っている。

 

 

過酷な環境で活動し続ける山元香代子。

 

 

へき地医療を見つめ続けてきた医師としての強い思いがあるという。

 

 

宮崎県出身の山元香代子。

 

 

「最貧国」に分類されるザンビア共和国。

 

 

貧困層の住む地区「コンパウンド」。

 

 

貧富の格差や、治安の悪化が問題の地域としても知られています。

 

 

山元香代子の活動の拠点とされるのが都市から車で5時間。

 

 

へき地と呼ばれる学校や病院も無ければ電機もないような地域。

 

 

全てを無料で受ける「巡回診療」。

 

 

山元香代子はこの街ではいなくなってはならない存在であることは間違いありません。

 

 

スポンサードリンク

 

関連記事は下にスクロール

 

 

コメント