横尾忠則の妻は?結婚して家族の子供(娘・息子)自宅(家)年収は?病気なの?(SWITCHインタビュー)

SWITCHインタビュー




 

 

SWITCHインタビュー画家の横尾忠則が出演するということで注目が集まっています。

 

 

横尾忠則についてWIKIプロフィールや経歴について調べてみたいと思いますが結婚して家族である嫁(妻)子供(娘・息子)はいるのでしょうか。

 

 

また、画家ということで有名な横尾忠則ですがその年収や自宅の家は豪邸なのでしょうか。

 

 

しらべてみました!

 

 

スポンサードリンク

 

 

横尾忠則のWIKIプロフィールや経歴について調べてみた!

 

 

 

 

名前:横尾忠則(よこおただのり)

生年月日:1936年6月27日

年齢:81歳

出身:兵庫県

職業:画家

 

 

「ピカソ」の絵に衝撃を受け画家になったといわれる横尾忠則。

 

 

もともとはグラフィックデザイナーだったということがあきらかになっています。

 

 

1980年頃に転向されたということです。

 

 

横尾忠則の独特な天才的画風というのはさかのぼる事幼少期の経験が関連しているといいます。

 

 

グラフィックデザイナーの頃からその才能は開花していたわけですが、どういったものなのか気になり調べてみました。

 

 

横尾忠則は幼少期である2歳児の頃に台風を経験したのだといいます。

 

 

このときはじめて「死」の恐怖に襲われたのだとか。

 

 

わずか2歳という幼い時代の記憶が影響しているというのは相当の恐怖心だったのではないでしょうか。

 

 

このとき横尾忠則は母親におぶってもらっていたのだといいます。

 

 

川の氾濫は脳裏に焼き付いているのですね。

 

 

破壊的な週末を感じたと横尾忠則は語っておられますが、それほどまでの感情がわいてきたのでしょう。

 

 

さらに3歳になったころには自分はどこから来たのかということに関して考えるようになったといいます。

 

 

そのような事を考えていることもすごいですし、その記憶があること自体が横尾忠則のスゴイ所ということができます。

 

 

このような影響が現代の横尾忠則を作っていたのですね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

横尾忠則のY字路について

 

 

 

 

2000年から2005年まで続いたY字路。

 

 

一冊の画集として非常に有名です。

 

 

2006年以降Y字路は続いているということです。

 

 

子供の頃に通っていた模型店の跡地を写真に収めたことがきっかけではじまったY字路。

 

 

たまたまY字路だったことからはじまってここまで有名になるというのはまさに天才的です。

 

 

多くの人を魅了した理由としてはその先がどうなっているかわからないという点でしょう。

 

 

Y字路は合流するか遠くへ行ってしまうか。

 

 

先の予測ができないというのは人はハラハラしてしまうものですよね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

横尾忠則は結婚して家族である嫁(妻)子供はいるのか!?

 

 

 

 

今現在、横尾忠則は結婚して家族である嫁(妻)子供がいるということがあきらかになっています。

 

 

1957年の二十歳のころに結婚しているという横尾忠則。

 

 

家族である嫁(妻)の名前は谷康江ということがあきらかになっています。

 

 

馴れ初めとして、二人の出会いとして知られているのが、横尾忠則が当時デザイナー時代に働いていた「神戸新聞会館」で二人は出会いをはたしているということが言えます。

 

 

新婚旅行を近場で済ませてしまった

 

 

ということが言われており、忙しかったとはいえ海外でもいっておけばよかったということなのかもしれません。

 

 

お互い忙しかったということですから仕方ないですが。

 

 

横尾忠則の結婚して家族である嫁(妻)との間の子供に関しては長男の横尾英。

 

 

「有限会社アートプラネット・Y」の代表としても知られている横尾英だが横尾忠則のグッズ販売を行っている会社なんだといいます。

 

 

娘は横尾美美。

 

 

横尾美美フリーで活動をしているアーティストとして個展や画集も出しているということで、横尾忠則の血を引き継いだ形ですね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

横尾忠則の年収がエグイ額!

 

 

 

 

横尾忠則の年収に関しては非常に高額であるということは言うまでもありません。

 

 

日本国内で画家一本で食べている人間というのはかなり限られた人であるということは言うまでもありません。

 

 

ほとんどの画家は画家としての収入はないも当然というかたがほとんどでしょう。

 

 

講師を兼任したり、別の仕事をしているということですよね。

 

 

個展を開いている有名画家やの年収が約900万といわれています。

 

 

さらに有名画家は5000万ほどの年収になるといいます。

 

 

横尾忠則に関しては超有名画家ですから、いくら少なく見積もっても2000万円以上の年収であることは間違いありません。

 

 

スポンサードリンク

 

 

最後に

 

 

 

 

今現在、結婚して家族である嫁(妻)子供がいるということがあきらかになっている横尾忠則。

 

 

子供さんに対しての教育方針などは一般とは少し異なったりする部分もあるんでしょうね。

 

 

年収に関してはもちろん高収入であることにまちがいありません。

 

 

スポンサードリンク

関連記事は下にスクロール

コメント