ヨシダナギは韓国人?病気と不登校について?iphoneケースがシャレオツ!(クレイジージャーニー)

写真家




クレイジージャーニーに写真家のヨシダナギが出演しますね。

 

ヨシダナギには韓国人なのか?という噂について、ヨシダナギには韓国の血が流れているのか、噂について見ていきます。

 

またヨシダナギには病気ということがささやかれていますが本当なのでしょうか?

 

さらにヨシダナギの学生時代の不登校についてその経緯をおってみました。

 

話題のヨシダナギiPhoneケースについても迫ります!

スポンサードリンク

ヨシダナギ(写真家)は不登校だったの?

ヨシダナギは子供時代非常に好奇心が旺盛なタイプだったといいます。

 

現在の撮影風景からもわかることですが、その撮影ときたら通常では全く考えられないスタイルですよね。

 

実際に自分も服を脱いでしまってアフリカ民族のスタイルに合わせることでより生活に密着した写真を撮ることができるのですね。

 

ヨシダナギにおいては10歳の時に両親が千葉に引っ越すというながれがあったそう。

 

10歳というと小学4年生か5年生ということになります。

 

やはり友達関係などもできているということは間違いありません。

 

女子の場合小学校にもなると多くの場合グループなどができていることから、もしもグループに所属できなかった場合においてはハブられるという流れが一般的でしょう。

 

ヨシダナギもこの中の一人だったということになるでしょう。

 

とても陰湿なイジメであったことから学校など楽しいわけもなかったと思われます。

 

このようにいじめられるという生活は中学まで続いたのだとか。

 

これまでの経緯がありヨシダナギは中学2年生の時に不登校になったといいます。

スポンサードリンク

ヨシダナギ(写真家)は韓国人?とについて?

イジメというものを受けながら学校に通うというのはどのような感覚なのでしょうか。

 

一言でいえば「いきたくない」という心理状況であるということは間違いありません。

 

もとはといえばヨシダナギは学生生活において勉強などは得意でなかったといいます。

 

やはり写真家などという創造力をフルに活用して仕事をしているという性質上基本的には右脳人間ということは間違いありません。

 

ですから写真家や音楽家など、クリエイティブな仕事を行っておられる方においてはあまり勉強などといったことにはあまり興味が湧かないということになるはずです。

 

さらにヨシダナギの場合は人とのコミュニケーションが苦手であったということもいわれているのです。

 

コミュニケーションが苦手であってももしも小学校の1年からの友達と中学生まで持ち上がるということがあれば元々の人間性がわかってもらえるわけです。

 

だけど両親はこのようなことが起こってしまうとはつゆ知れず校区外に家を建てるという選択肢を選んだ。

 

これではあまりにも子供というのはかわいそうである。

 

これが活発で社交的なタイプであるということになるとまた話は違ってきたに違いありません。

 

ですがこれがヨシダナギのように小学校時代から人とのコミュニケーションが苦手という子ですから、この時の転校はつらいものになったのでしょう。

 

頑張って登校してはいたものの学校に行けば陰湿な悪口を投げかけられる。

 

このようなことがあって先生がかばおうものなら拍車をかけるかの如く妬まれる。

 

いじめというのは大人社会でもどのコミュニティ内でもおおくみられるわけです。

 

それもそのはず。

 

学校というものは社会の縮図です、人間において大人子供というのはあまり関係なくこのようなことは日常から起こっているといえます。

 

ヨシダナギの母親というのは無理やりにでも学校に行かそうとするタイプの親だったということに違いありません。

 

ですが中学二年生という時において両親の離婚が成立したという経緯から母親というのは家を出ていくという経緯をたどります。

 

ヨシダナギにおいては出身地は東京である。

 

なのにもかかわらずなぜ韓国人などということがささやかれているのか非常に気になる部分だった。

 

だがおそらくこの美しい見た目の要素からこのようなことが言われるのではないでしょうか。

 

写真の撮られ方などから観測すると角度などによっては韓国の女優さんのような美しさをかねそなえていることから、韓国人なのではないかということがうわさされるほどなのではないでしょうか。

スポンサードリンク

ヨシダナギ(写真家)は病気の噂に?

ヨシダナギの病気などが噂される背景においてはアフリカという地盤においてその衛生面であったりが問題視されることがありあります。

 

そのほかにも虫が寄ってくることもあるのですね、ダニや寄生虫などに襲われることもしばしばあるということになるでしょう。

 

とある旅行経験としてダニなどに足をやられてブチブチになった、などという体験談などもあるほどなのですね。

 

ヨシダナギにおいても肌が強いというわけではないというのだ。

 

このことから植物のアレルギーで肌がかぶれるということが起こっているのです。

 

おそろしい経験として語られる内容として、ダニや寄生虫に体内に卵を産み付けられて子持ちになってしまったり、背中に大きなコブが毎日できたりと、病院送りになったことも多々あるということなのです。

 

このような経緯から病気などということがささやかれることがあるということなのですが、当の本人としてはネガティブにはとらえることなく。

 

“病は気から”とった心意気でとらえることで前向きに写真家の道をつきすすんでいるということになるでしょう。

スポンサードリンク

ヨシダナギ(写真家)のiphoneケースがシャレオツ!

写真展などでは、ヨシダナギにおけるiPhoneケースであったり、本であったりというものを購入するとサインをしてもらえるといったいべんとのようなこともおこなっているという。

 

書籍や各種グッズにおいても人気を博しているのですね。

 

近年、スマホの普及におり、携帯のケースにおいてもその売り上げやマーケットは格段に進化したということが言えます。

 

このようなことから、携帯会社だけでなく、多くのブランド、多くのメーカーがスマホケースの販売に力をいれてきたということがいえるでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

ヨシダナギにおいて、人生の転機というのが“一人暮らし”ということにしゅうやくされるということです。

 

一人になる、独立する。

 

やはり人間においてその成長段階の上位であると考えられる自立

 

これがヨシダナギの性格までを覆すこととなったわけですね。

 

ヨシダナギにおいては幼少期から活発で好奇心旺盛であったという本質の部分があったわけです。

 

これが封印されたのがイジメなどという社会問題に巻き込まれたことがきっかけになったということになります。

 

自傷行為を繰り返した過去。

 

両親においてもヨシダナギは自殺してしまう可能性があると恐れられていた過去があるのです。

 

だがこのようなことにおいても自立という自分の人生の舵を自分でとることによってこのような状況を脱したということでしょう。

 

今後も忙しいと思いますが頑張って頂きたいです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサードリンク

     関連記事は下にスクロール

コメント